2月1日 豆まき

節分の恒例行事、豆まきを行ないました!にじ組(0歳児)とほし組(1歳児)は保育室で節分についてのおはなしを

聞いた後、段ボールの鬼に向かって新聞紙の豆を使って豆まきをしました。

 

 

 

 

つき組(2歳児)、くも組(3歳児)、かぜ組(4歳児)、そら組(5歳児)は、ホールで節分や豆まきの由来、恵方巻等の話を聞いた後、「おこりんぼ鬼」「なきむし鬼」等に向かって新聞紙の豆で豆まき!

 

 

 

 

途中から本物の鬼(?!)も登場し「鬼は外!福は内!」と掛け声をかけながら福豆で豆まきをしました。驚いて固まってしまう子どもや泣き出す子ども、平気な顔して近づく子ども等様々でしたが、一年の無病息災を願い、しっかりと豆をまいていました。給食は何と「鬼カレー」!鬼を食べてやっつけた、と得意気でした。