消防車輌見学・心肺蘇生法及びAED使用研修

今年も松見消防署の方々のご協力の下、消防車輌の見学をさせて頂きました。また、現役の消防士の方に火災時の避難訓練の様子を見て頂き、子どもたちに向けてお話をして下さいました。

今回来て頂いたのは、横浜市内の消防署に配置されている特別救助隊「横浜レンジャー(YR)」の方々です。台風直後で出動要請が入ったらすぐに出動しなくてはならない非常に忙しい中来て下さいました。

子どもたちの質問にも目線を合わせて答えて下さり、消防車の設備や役割等をとても丁寧に教えて下さいました。本当にありがとうございました。

同日行なう予定でしたが、出動要請が入った為後日改めて「心肺蘇生法及びAED(自動体外式除細動器)使用の研修」を行ないました。

今回は、保育参加をされていた保護者、保育実習生、当園の連携園であるノーベル保育園職員の方々にもご参加頂きました。現場で活躍されている消防隊員の方から指導して頂き、非常に意義のある研修となりました。

(当園のAEDは、玄関横に設置しています。)